最近の記事

2010年12月30日

栗もなか【6個箱入】

栗もなか【6個箱入】

原材料 北海道産小豆(雅)、山岡町の寒天、砂糖、自家製栗甘露煮、加賀の最中の皮







おおきな自家製の栗の甘露煮を入れて

粒あんをコトコト長時間にわたり炊く
最中に入る粒あんは、北海道産小豆の最高級の雅(みやび)という小豆を使用し1日中かけて炊き上げます。
最中の粒あんの命は、小豆の粒をつぶさないように炊き上げることが大切です。
小豆の粒をつぶさないためには、弱火で、コトコト、小豆のアクを丁寧にとりながら長時間かけて炊き上げます。
砂糖と、寒天をあわせ、これらも丁寧にアクをとって煮溶かします。

岐阜県山岡町名産の寒天を使用
寒天は、全国でも有名な岐阜県山岡町の最高級の糸寒天を使用しております。
砂糖と、寒天を溶かしたものを小豆に加えるときだけそっと木のヘラで混ぜるだけで小豆の粒をつぶさないよう木のヘラで混ぜるのはこの時一回のみです。
炊き上がりの最中の粒あんの詰め具合は職人の感が大切となります。

こだわりのもなかの皮
最中の皮は、石川県金沢の越後米で作られた最高級の最中の皮を仕入れて使っています。
この皮は、全国のおいしい最中の皮を探し、やっと、食べても口の中にくっつかなく、香ばしく、しっかりとした最中の皮を見つけ手に入れることができました。今までの最中の常識を破る皮に仕上がっております。
栗最中 栗最中の栗は、自家製の栗の甘露煮を入れております。

自家製栗の甘露煮
栗の甘露煮は、時間をかけて、最初に水だけで煮ることにより、栗のアクを取り除きその後、砂糖蜜で煮て砂糖のアクを長時間かけて取り除きまろやかな甘味の栗に仕上げた、やわらかい栗の甘露煮を入れております。

しっかりとした最高級の最中の皮と、もっちりとした粒々の粒あん、やわらかい栗を入れた贅沢な味の栗最中に仕上げました。

京都 宇治抹茶あんみつ
楽して、おいしいものゲットしよう!
京都 宇治抹茶スイーツ
カリスマパティシエのスイーツ
posted by もなか王 at 20:51| 愛知 ☀| 栗もなか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おまんじゅう専門店
いっぱい食べ物集めました。
石田高聖の投資塾 アイスクリーム ジェラート専門店
健康でおいしいスイーツ
どら焼き市場
もなか専門店